医療法人とつか眼科

名古屋市南区にある眼科クリニック。とつか眼科。

TEL.052-613-4001   〒457-0808 名古屋市南区松下町1丁目1番地

80. PC用メガネはどうか 201401

80. PC用メガネはどうか 201401

 仕事でパソコンをよく使います。以前は何となく疲れを感じていましたが、最近すごく目が疲れます。メガネ屋さんに行ってみるとPC用のメガネを勧められました。最近、テレビなどの情報番組でもパソコンによるブルーライトが目に良くないと耳にします。PC用メガネ(ブルーライトをカットするもの)を作った方が良いのでしょうか?ドライアイも少しあるとは思うのですが、目薬をさしたほうが良いでしょうか。(28歳男性)

 そうかもしれません。ただ、まずは眼科に行って診察をお受けになってください。疲れの原因として近視や遠視、乱視などがあるかをチェックし、眼鏡の必要性や他の眼疾患の有無についてなども検査が必要です。おっしゃるようにドライアイも病気の一つですから、正しい診断と治療が必要なことは言うまでもありません。ご指摘のようにパソコンやタブレット端末などの液晶画面からはブルーライト(可視光線の青色波長領域)が出ることが近年問題になっています。紫外線が眼に良くないことは明白ですが、ブルーライトも長時間浴びていると網膜に良くないことがわかってきました。ただし、その端末からどれくらい眼に影響する量が出ているかはよくわかっていません。あまり気にしなくても良い可能性すらあります。一方でドライアイの患者さんにはブルーライトは、健康な方よりも見えにくく感じたり疲れやすくなったりする可能性も言われています。つまりドライアイ患者さんでは、眼表面の涙が安定しないため青色の波長の光が散乱しやすいために見えにくくなると考えられています。この見えにくさについてはブルーライトを軽減させるPC用メガネの着用で改善することがあります。一方でブルーライトが睡眠と深く関わっていることもわかってきました。したがって、ずっとブルーライトを制限しているとよくない可能性もあります(これについては次回書きます)。まずは眼科受診をお勧めします。目薬を使うべきかどうかもお尋ねください。

« »