医療法人とつか眼科

名古屋市南区にある眼科クリニック。とつか眼科。

TEL.052-613-4001   〒457-0808 名古屋市南区松下町1丁目1番地

43. 異物が入ったのに視力検査 ? 201011

43. 異物が入ったのに視力検査 ? 201011

 先日、目にゴミが入って眼科に行きました。痛かったので早く取ってほしかったのに、視力検査をさせられました。結構良く見えましたが、痛みのために見えにくくても当たり前だと 思います。なぜ、摘出前に視力検査を行うのでしょうか?結局は、くろめに鉄粉が刺さっていたので、取ってもらったのですが、始めから視力検査などせずに、摘出してもらうことは できないのでしょうか?視力検査したことで、窓口で払うお金も増えたと思います。納得がいきません。教えてください。(35歳男性)

 私たちの眼は小さいながら非常に優れた機能を持っています。最も大切な機能が、見えるということです。もし、視力を測定せずに異物を摘出したとします。そして摘出後に視力の 低下がわかったとします。すると、その見えにくさは、摘出する前からある病気によるものか、異物が刺さったために刺入部が混濁して見えにくくなったのか、異物を摘出したところから 微生物が入り込んで潰瘍などが生じた結果の見えにくさなのか、等々、判断がつかなくなってしまう危険があります。また、目の表面は、角膜や結膜という粘膜であり、非常に デリケートな組織です。病気を治すために使用した目薬により、かえって角膜に傷をつけてしまうことはまれではありません。ですから目薬を使用して角膜を治療する場合には、 まず、視力という眼の機能を正確に把握してから、始まります。事前に視力を測定しておかないと、病気が進行したために視力が下がったのか、目薬が悪い影響を与えて見えにくく なったのか、などの判断がつかなくなってしまう可能性があるからです。角膜は、外界からの光を通すように透明な組織となっています。異物が刺さってしまうとよほど浅い場合を除いて、 その部分の透明性が失われます。濁りは次第に薄くなってはいきますが、完全には元に戻りません。濁り方によっては、不正な乱視が出現し、最終的に視力が下がってしまうことも あります。眼表面に刺さった異物は早期に摘出して、治療してください。また、その後の視力経過も重要ですから、完治するまで通院されることをお勧めします。

« »