医療法人とつか眼科

名古屋市南区にある眼科クリニック。とつか眼科。

TEL.052-613-4001   〒457-0808 名古屋市南区松下町1丁目1番地

35. 視神経乳頭陥凹って? 201003

35. 視神経乳頭陥凹って? 201003

 会社の健康診断を受けたところ、目のところでひっかかりました。「視神経乳頭陥凹」と書いてあり、要精密検査となっています。これは何のことですか。病気の始まりでしょうか。 メガネをかければよく見えますし、目は痛くもかゆくもありません。眼科を受診する必要がありますでしょうか?メガネ屋さんはよく行くのですが、眼科は何となく怖い気がして、ほとんど 行った記憶がありません。何か気をつけることがありますか、教えてください。よろしくお願いいたします。(50歳男性)

 これは、健康診断時に行った眼底写真からの診断です。視神経とは、眼球の奥底の網膜(カメラのフィルムに相当するところ)と、脳をつなげる部分で、視神経乳頭は視神経の網膜上の 出入り口です。眼底写真で、あなたの眼の視神経乳頭のへこみが普通より大きかった、という結果です。ですから正確には、視神経乳頭陥凹拡大と表しますが、この所見が見られた場合 には緑内障の可能性がありうるということです。視神経乳頭付近の緑内障性変化としては、陥凹が生理的範囲を超えて大きい、陥凹した乳頭の辺縁部に切痕がある、視神経線維層の欠損が 広い、乳頭出血がある、乳頭周囲網脈絡膜委縮がある、などがありますが、それらの所見のみでは緑内障の診断は困難なこともあります。視野検査や精密眼底検査、眼圧検査、 隅角検査などを行う必要があります。緑内障(このサイトのNo.7をご参考になってください)と聞くと怖い気がしますが、まだ決まったわけではありませ ん。早めに眼科を受診して、緑内障なのかどうかを診断してもらってください。ただ、眼科専門医の診断にても、緑内障という診断を確定できずに緑内障疑いとなることもよくあります。 こういう場合には、いろいろな診断機器を用いて定期的に眼科通院を続けて、早期発見に努めることが重要です。緑内障は、末期になるまで自覚症状が全くない場合が多いです。また、 治療をしても病気の進行を遅らせることはできても改善させることは難しい病気です。つまり症状が出てから診断されるようでは手遅れになることがあります。是非、早めに眼科受診して ください。

« »