医療法人とつか眼科

名古屋市南区にある眼科クリニック。とつか眼科。

TEL.052-613-4001   〒457-0808 名古屋市南区松下町1丁目1番地

34. 物が二つに見えます。 201002

34. 物が二つに見えます。 201002

 以前から近視と乱視があって、メガネをかけています。最近、物が二つ見えるときがありました。もう一度見直したところ一つになりました。少しお酒を飲んでいましたし、 明瞭に記憶していないのですが、今は、二つに見えませんし、全く何ともありません。何か病気の始まりでしょうか?以前から頭痛持ちで、よく頭が痛く なります。友人に相談したところ、脳腫瘍の始まりではと言われ、急に心配になってきました。(44歳女性)

 右眼と左眼は、わずかに位置が違うところから物を見ています。このことによって遠近感や立体感を感じるわけです。斜視(Q&A17)が出た場合や、 脳腫瘍や動脈瘤・脳出血など中枢神経系の異常または末梢神経の病気や眼の周りの筋肉の病気もしくは神経と筋肉の間の病気や眼の周りの骨の骨折などで眼球運動障害になった場合、 物が二つに見えるようになります。これを複視といいます。ですから、複視の症状があった場合には、早急に眼科を受診して原因検索してもらうことをお勧めします。複視の中には 乱視などの屈折異常が主因の単眼性のものがあります。この場合には片方の眼だけでみると複視を感じ、両眼で見ると複視はなくなります。この単眼性のものはあまり心配する必要は ありません。まずは、複視を自覚した場合に、片眼ずつ隠してみてください。また、普段メガネをしていらっしゃればメガネをかけた状態で試してください。片眼ずつ隠して見ると一つに 見えて、両眼で見ると複視になるという場合には、上述したように命に危険があるような病気が隠れていることがあります。ご相談者の場合には、もともと斜視が潜在していた可能性が あり、それが顕在化してきたのではないかと推測しますが、これだけのお話ではよくわかりません。眼科受診をお勧めします。

« »