医療法人とつか眼科

名古屋市南区にある眼科クリニック。とつか眼科。

TEL.052-613-4001   〒457-0808 名古屋市南区松下町1丁目1番地

23. 視力の発達 200901

23. 視力の発達 200901

 生後3か月の赤ちゃんがいます。いたって健康で身長や体重は順調に成長しています。首が据わってきて縦抱きができるようになったのですが、私のほうをあまり見てくれません。 友人の子は4カ月なのですが、あやすと他人の私のほうをじっと見つめてくれるし目でものを追うので、目がよく見えているように感じるのですが、 私の子は目が見えているのか心配です。まだ見えていないのでしょうか?赤ちゃんはいつ頃から見えるようになるのでしょうか?(28歳女性)

 視力は、持って生まれる力ではなく、生後に獲得していくものとされています。当然大人と同じような正確な視力は、3~4歳ごろにならないと測ることができません。乳幼児の視力は、 眼振という目の揺れを測定することや、縞の指標を見せて注目するかどうかを見たりすることで測定します。これらのデータをまとめた教科書によれば、おおよそ生後1か月で0.03、 3か月になると0.1、6か月で0.2、1歳ごろに0.3~0.4となるとのことです。3歳では8割方の子が1.0以上の視力が出るようになります。ですから質問者のお子さんの場合には 0.1ぐらいは見えているのではないかと思います。0.1というのはCの字がたくさん並んでいる視力検査表でいえば、一番上の大きな指標の切れ目がわかる程度のものです。 その程度の視力ですから、お母さんの顔をじっと見つめていないからといって見えていないとはいえません。あまり心配しなくてもよいかと思います。 もちろんくろめが極端に大きかったり、瞳が白く光って見えたり、瞳のかたちがおかしいなど外見上明らかに異常に見える場合には、眼科受診をしてください。 成長は人によって早い遅いがあります。視力の発達もそうです。3か月では目でものを追いかける追視という機能が見てとれるようになる時期ですから、それがあれば少なくとも 片目は見えていると考えてよいでしょう。大事なのは、3歳児検診です。3才での視力検査は大変重要です。この時期に見えていないで放置されると弱視になる可能性が生じます。 これについては、別の機会に書きたいと思います。

« »