医療法人とつか眼科

名古屋市南区にある眼科クリニック。とつか眼科。

TEL.052-613-4001   〒457-0808 名古屋市南区松下町1丁目1番地

132. 硝子体注射はいつまで続けるのか?  201805

132. 硝子体注射はいつまで続けるのか?  201805

   眼底出血と言われ、もう2年になります。初めは、すごく見えにくかったのですが、硝子体注射を打ってもらうとうそのように見やすくなりました。しかし、3か月ほどして、また見えにくくなりました。なんでも網膜の中心部にむくみが出たということで、再び注射をしました。その都度良くなって、視力が回復するのですが、もう4回も打ちました。今回も、注射してすぐに視力が回復しました。ただ、またしばらくすると再発するのかと思うと、一生打ち続けるのか、不安です。お金もかなりかかりますし、悩んでいます。この治療はいつまで続くのでしょうか?(58歳、女性)

 患者さんがお受けになっている硝子体注射療法は、2000年以前はほとんど行われていなかった治療方法です。血管内皮増殖因子という、新生血管を発育させたり血管から液体が漏れ出てくるのを促進させる物質を阻害する薬剤を、眼の中に注射する治療です。①網膜中心静脈閉塞症や網膜静脈分枝閉塞症といった眼底出血、②加齢性黄斑変性症、③近視性脈絡膜新生血管、④糖尿病黄斑浮腫、という病気で起こる黄斑浮腫(網膜中心部分のむくみ)を画期的に減らすことができ、病気の悪化を防ぎます。病気によって治療回数がかなり異なります。③の近視性脈絡膜新生血管では、多くの場合には1回で済んでしまうことも多いです。①の静脈閉塞症の場合には、数か月に1回程度数年行わなければならないこともありますが、やはり、1回で済んでしまうこともあります。眼底出血が消退すると多くの場合には、むくみが再発することが少なくなり、注射もそこで終了となる場合が多いです。④の糖尿病の場合には、効果があまりない場合には複数回で中止にして他の治療法に切り替えることがあります。近年は、初めに5回程度連続して打ち続けるやり方が増えてきました。その後も、効果がある場合には時々打つこともあります。しかし、永久に打ち続けることは少ないのではないかと思います。②の加齢性黄斑変性症の場合には、効果がある場合には、毎月注射する必要があったり、数か月から半年など注射間隔があくことがあったりしますが、完全に終了とならず長期間にわたり打たねばならない場合があることが推測されます。このように、病気によっては、長期間続けて注射する場合があります。患者さんの場合には、終わりがあると考えてよいと思います。ただし、比較的日の浅い治療法ですから、やり方は今後変わってくることもあり得ます。2018年現在、硝子体注射はなくてはならないとても価値のある治療方法ですが、時機を逸してしまうと効果が出ないことがあります。また、致死性の脳血管障害や術後眼内炎といった合併症も稀ですがありますので、利点と欠点をよく聞いたうえで、時期を逸することなく、注射を受け続けていただくことをお勧めします。

« »