医療法人とつか眼科

名古屋市南区にある眼科クリニック。とつか眼科。

TEL.052-613-4001   〒457-0808 名古屋市南区松下町1丁目1番地

未分類

108. 強度近視の合併症 201605

 小学生の頃から近視になって、どんどん進んでしまいました。現在52歳の事務職員です。先日、飛蚊症を自覚し近くの眼科を受診しました。それについては、加齢によるもので心配ないと言ってもらえましたが、私のような強度近視の人は、いろいろな目の病気を起こすことがあるので、気をつけなさいと言われました。どんな病気が出るのでしょうか。また、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。教えてください。(52歳女性)

 まず、強度近視の説明から始めます。近視という状態は、近くは見えますが遠くが見えにくい屈折の異常です。強度近視というのは、近視が強い方で、正確には-6ディオプター以上の近視の方を言います。裸眼では、眼前の約17cm以内に物体を近づけないとはっきり見えない状態です。通常この強度近視の原因は眼の長さ(前後径)が長くなってしまうことによります。この形の変化により様々な眼疾患が起こりやすくなると言われます。正確な頻度は私にもわかりませんが、網膜剥離、緑内障、白内障、眼底出血、黄斑変性などの病気が出やすくなります。どの病気も進行すれば失明につながることがありますので、その先生が言われるように気をつけておくべきです。まず、眼に異常を感じたら先延ばしにしないで速やかに眼科を受診することです。特に中年以降(40歳過ぎ)の強度近視の方は自覚症状がなくても一度眼科を受診して、眼の疾患がないかどうか調べることをお勧めします。日本人の場合には強度近視でなくとも40歳過ぎの方には20人に1人程度緑内障の方が見つかります。一度受診して問題ないと言われましたら、その先生のお勧めの方法で検診をされていけば良いかと思います。その上で、眼の病気が出易いことを忘れずに、何らかの症状が出たらすぐに眼科受診してください。また、もしお子さんがいらしたら、子供の頃から強度近視にならないように、近視の進行を予防するような対策を講じておきましょう。これについては、このQ&AのNo.53、69を参考にしてください。

107. 硝子体出血 201604

 両眼とも近視が強くて、メガネをかけています。先月までは、右目はよく見えていたのですが、急に眼の中ですすをばらまかれたようになったと思ったら、まったくと言っていいほど見えなくなってしまいました。近くの眼科に行くと、「硝子体出血」と言われ、糖尿病が原因かもしれないが、はっきりしないと言われました。20年来の糖尿病で、数年前まで眼科にも通院していたのですが、眼底出血はあると言われるものの、重症ではないと言われていました。メガネをすればよく見える状態であまり変化がなく、引っ越しして以前通院していた眼科が遠くなってしまったこともあって、2年前から眼科通院を止めてしまっていました。今は飲み薬をはじめて1週間経ちましたが、一向によくなりません。激しい運動は禁止されています。このままずっと見えないままなのでしょうか。手術するなど、早く治すことはできないのでしょうか。(60男性)

 硝子体とは、眼球の中央側にある、水晶体と網膜の間の組織で、通常は透明です。そこに何らかの出血や混濁が生じますと、視力低下の原因になります。問題は、その出血がどこから生じたものかですね。急に出る比較的量の多い硝子体出血としては、糖尿病網膜症の増悪や、打撲などの外傷性のもの、網膜裂孔(網膜剥離)に伴うもの、以前に起こった網膜静脈分枝閉塞症からのものや、網膜細動脈瘤からのものなどが多いと思います。網膜剥離が原因のものでは、可及的速やかに手術しなければなりません。糖尿病網膜症の増悪でも急ぐ場合もありますが、網膜剥離ほど数日を争うことは多くはありません。網膜剥離以外では、しばらく経過をみてから改善傾向がなければ、観血手術となります。手術は硝子体手術といって、出血と一緒に硝子体そのものを取ってしまうものです。比較的高齢者(60歳以上)の場合やすでに白内障が進行している場合には、同時に白内障手術も行います。これは、硝子体を取ってしまうことにより、硝子体手術後に白内障が早く進行することになってしまうためです。手術を受けずに出血が吸収されることが最も良いですが、長期間にわたって眼の中に出血塊が残っているようであれば、糖尿病網膜症の悪化やさらなる病気に発展する可能性もあり、手術したほうが良いです。ただし、手術に伴う合併症や白内障の問題などがありますので、常にすぐに手術はしないのが基本的な考えです。しばらく経過を見ることや原因検索が大切になります。激しく動き回ることは、出血の増悪を引き起こすきっかけになる可能性もありますから、比較的安静にして、しばらく通院をお続けください。

106.病的近視による脈絡膜新生血管 201603

 学生時分から近眼が強くて、ハードコンタクトレンズをしていました。先日、急に右眼の中心が見えにくく歪んでしまいました。一部分に見えないところもあります。近くの目医者さんに診てもらったところ、眼の底の中心部分に出血しているとのことでした。目の中にお薬を注射する治療が必要と言われ、大きな病院への紹介状をもらいました。どんな病気なのでしょうか。私の眼は治るのでしょうか。もともと眼鏡をかけてもよく見えない眼で、コンタクトレンズが頼りだったのですが、今後もコンタクトレンズをつけられるでしょうか。もう片方の眼もなってしまうのでしょうか、心配です。(42歳女性)

 近視が強い方にはいくつかの眼の病気が出やすくなります。眼球自体の前後径が長くなることによる解剖学的な変化が病気の要因と考えられています。強度近視の人の約1割程度に、網膜の下の組織である脈絡膜から、新生血管という通常は存在しない血管が作られてしまいます。これを脈絡膜新生血管と呼び、そこから出血することにより見えない部分や歪みなどが出現します。そのまま放置しますと視力障害が残りやすく、数年後には当初よりも悪い状態になってしまうといわれています。ご質問者の病気はこれに相当すると思います。数年前までは有効な治療法がなかったのですが、現在はお勧めされたように血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害薬というものを、眼の中に注射すると効果があることがわかってきました。通常は1か月おきに3回行い、しばらく様子を見るというやり方が一般的です。また、コンタクトレンズは、注射前後に一時的にやめたほうが良い場合がありますが、今後もずっとはめられなくなってしまうわけではありません。強度近視による脈絡膜新生血管が両眼性になる方は、私の調べた範囲では、15%程度のようです。治療に専念して、時々は良い眼のほうもしっかり検査してもらうことをお勧めします。

105.色覚検診の勧め 201602

 小学2年生の男の子の母です。小学校で色覚の検査を受けられるようになるという噂を耳にしました。自分の子は視力も良いですし、色もほぼわかっているように思うのですが、今後学校でやっていただける機会があれば色覚の検査を受けたほうが良いでしょうか。私の家系には色覚異常の人はいないように思いますが、それでも受けたほうがよいですか。(33歳女性)

 学校における色覚の検査は、平成15年に必須項目ではなくなりました。実は今までも、必須ではないものの必要時には実施をすることという通達でした。しかし、健診必須項目から削除されてしまったために、多くの学校では色覚検査を行わなくなってしまいました。必須項目から削除されてからの約10年間で、自らが色覚異常であることを知らないまま、就学や就職することになり問題が表面化してきました。日本眼科医会の調査によれば異常者である児童生徒や親御さんですら、問題が発覚するまで色覚異常のことを知らなかったという方が半数に上ったとのことです。このため文部科学省から通知があり、学校保健に見直しがありました。28年度の4月から、積極的に色覚検査を実施するべきということです。色覚異常者が就学する場合の制限は、わずかながらに今もあります。また、自衛官や警察官、消防士の他、航空、船舶、鉄道、バスなどの運転手等、幾つかの就業には依然として制限があります。是非、学校で受けられる機会があれば、色覚検査を受けてください。将来の職業を考える上でだけでなく、早くから異常を知ることで、色以外の情報から色の判断や推測をする代償機能が発達します。色覚が正常なご夫婦からも色覚異常者が生まれることが、時にあります。色覚異常者が家系にいらっしゃらなくても受けたほうが良いです。ただし、検査結果には遺伝に関することが含まれますので、学校の保健室の先生に個別にご相談ください。
色覚異常についてはこのQ&AのNo.67や、
日本眼科医会の記者発表http://www.gankaikai.or.jp/press/4742ac22fa7ca45843451bdcca09619c.pdf、「色覚異常と言われたら」http://www.gankaikai.or.jp/health/50/
をご参考にしてください。

104.単純ヘルペス感染症 201601

 先日右目が少し痛くて充血し何と無く見えにくくなりました。近くの眼科を受診すると、角膜ヘルペスと言われました。昔からまぶたにブツブツが時々起きることがあり、ヘルペスと言われていましたが、角膜にできたのは初めてです。一生の病気になってしまう場合もあると言われ心配です。どんなことに気をつければ早く治りますか?(34歳女性)

 単純ヘルペスウイルスは、大人になるまでに多くの方が不顕性感染(病気を発症せず自覚しないままに病原菌が身体に入り込んでいる状態)をします。昔から「熱の吹き出し」などと呼ばれ、口の周りにできる少し黄色い小水疱の集まったものです。口の周りにできる方は口の周りに、瞼にできる方は瞼にというように、同じような場所にできることが多いのですが、時に違う場所にできることもあります。角膜自体が侵された状態を角膜ヘルペスと呼んだり、ヘルペス性角膜炎と呼んだりします。口の周りや瞼の場合には仮に放置したとしても、それほど重症になることは少なく1〜2週間で治っていきます。跡が残ることも少ないです。しかし、角膜に及んだ場合には、早期にしっかり治療するべきです。角膜の比較的浅い部分でのみ炎症が起きている場合には、特効薬に反応して早く良くなることが多いですが、時には角膜の中の方にまで炎症が及んでしまうことがあります。この場合には治療も長くなり、かなりの後遺症を残すことになります。また、眼球の中に炎症を起こすこともあります。角膜ヘルペスは再発することもよくあります。顔の神経節に潜んでいて、風邪をひいたり寝不足が続いたりして免疫能が落ちた場合に発症すると言われています。その都度治療が必要となります。早く治すには眼科に通院して適切に治療してもらうことと、免疫力を落とさないように生活することが大切です。帯状疱疹による角膜ヘルペスもあります。これについてはこのQ&AのNo.91をご参考にしてください。

103.メガネを購入するときの注意点 201512

 74歳になる母のメガネのことです。今までは老眼鏡を近くのものを見る時に使っていただけでしたが、最近目が見えにくいというので近所の眼科を受診したところ遠視と言われてメガネの処方箋をもらいました。その処方箋を持ってメガネ屋さんでメガネを作ったのですが、遠近両用のメガネを勧められ、購入しました。掛けさせたところ怖くて歩けないそうです。どうも眼科では遠用単独のメガネの処方箋だったらしいものを、メガネ屋さんとのお話の中で近くも見えた方がいいということになって遠近両用を作ってしまったのです。どうしたら良いでしょうか? (49歳息子)

 中年以降に判明した遠視に対して、遠近両用メガネを使うことは可能です。しかし、70歳を過ぎてから初めて遠近両用メガネをかけるのは少し難しいです。眼科医の先生が言われたように、遠用単独のメガネを常用させるべきと思います。もう一度眼科の先生に出来上がったメガネを見てもらい、ご相談された上でメガネを作り直すのがよいと思います。処方箋とは違ったメガネであれば、無料で作り変えてくれるはずです。処方箋とは違うメガネを作る場合には、処方してくれた眼科の先生に相談してからがよいです。本来は遠視であるにもかかわらず、中年になって老眼鏡(近用メガネ)だけを作るのは間違いです。正視やごく軽い近視の方は老眼鏡が生まれて初めてのメガネということがありえますが、それ以外の方は、まずはじめに遠くがよく見えるメガネを作ることです。その後に近くを見るためのメガネ(老眼鏡)、3番目が遠近両用メガネ、という順に作りましょう。その3つのメガネを使いこなせるようになったら、中近や近々といった手元の視界が広いメガネを作るのがよいです。

102.目薬による近視進行予防法(2015年) 201511

 中学校1年生になる男の子です。近視の進行が早くて、毎年の様にメガネを強くしています。今ではメガネなしでは生活できなくなっています。近視の進行予防に有効な目薬による治療方法が新しく開発されたと聞きました。以前目薬による治療はやりましたが、全く効果がありませんでした。今回のものは何処が違うのでしょうか。効果があるのでしょうか? (46歳母親)

 低濃度アトロピンという目薬による治療方法のことと思います。アトロピンという薬は副交感神経麻痺剤として有名なお薬で、点眼剤には1%アトロピンがあります。この目薬は、強力な調節麻痺作用と散瞳作用があり、正確に屈折状態を把握したい時や、抗炎症作用を期待して使用します。1滴で2週間ほど瞳が広がったりピントが合わなくなったりしますので、よく見える状態でこの目薬を使うと見え難くなります。以前からこの目薬を使うと近視の進行予防に効果があることがわかっていましたが、これらの副作用のために使用できませんでした。最近、この目薬の低濃度のものを使用して近視の抑制効果がある可能性が発表されました。今までの目薬とは全く作用機序が異なります。日本でも本格的な臨床調査が始まっていて、当院でも始めました。副作用はあまりありませんので、安心して試してみてください。ただし、近視が治るものではなくて、進行を遅らせる可能性があるものです。日常生活のこと(No.53)とオルソケラトロジーのこと(No.69)もご参考にしてください。

101.メガネをかける時間 201510

 小学校4年生の子供のことです。目が悪くて黒板の字が見えにくいというのでメガネを作りました。眼科の先生によればこの子は近視なので、必要な時だけかければ良いということでした。かけたり外したりすることで悪くならないのでしょうか。ずっとかけていた方が眼によいような話も耳にします。教えてください。(41歳母親)

 メガネは近視や遠視という屈折状態によって掛け方が異なります。ご相談者のお子様のように近視のみで他の眼の病気がない場合には、遠くのものは見えにくいですが近くのものはよく見えます。ですから学校へ行く時や外出時など必要な時だけかければ良いです。テレビを離れたところから見る場合にも見えにくければかけるべきです。つまり、適切に処方されたメガネであれば掛けたままでも掛けたり外したりしても問題ありません。斜視など他の病気がある場合では常時かけておく必要があることもあります。また、近視ではなく遠視の場合には常時かけていなければなりません。乱視の場合には、遠視性乱視であれば常用が良いですが近視性乱視であれば近視と同じように必用時にかければ良いです。ただ、程度にもよりますが乱視が強い場合には、常にかけていないと見えにくいです。一方、弱視がある場合には常用が良いです。このように屈折状態や弱視の有無によって掛け方が違いますのでお気をつけください。また、波長を制限する眼鏡(ブルーライトカットなど)については、使用方法が異なりますので、このかけ方とは限りません。処方された先生に指導していただくのが一番です。メガネが出来上がりましたら、一度処方された先生のもとへ持っていき、処方どおりにできているかどうかやフィッティングの状態、常用すべきか否かなどよく聞いてみてください。

100.TS-1(ティーエスワン)の副作用 201509

 少し前に胃ガンを手術して、現在TS-1という抗ガン剤を服用しています。涙が多くなってきて、主治医の先生に相談したところ、眼科受診を勧められました。まだ、受診はしていません。目に副作用が起こるような話でしたが、どんなことがおきるのでしょうか?今は、涙もそれほど気にならなくなってきましたが、眼科受診したほうが良いでしょうか?特に見えにくいことはありません。涙は少し様子を見て、もう少し悪化してからではいけませんか?教えてください。(51歳男性)

 TS-1という抗ガン剤は、2007年ごろから多用されるようになりました。これは、胃ガンの手術後などに用いられ、比較的副作用が少なくガンの再発予防に有効とわかってからです。長期間にわたり飲み続ける方が増えています。一般的には、脱毛や吐き気、貧血などがその副作用ですが、眼科的な副作用もよく起きることがわかってきました。一つはご相談者のように涙目になることです。涙管という涙の通り道がふさがってしまうことによります。もう一つは、角膜上皮が混濁すること、やさしく言えばくろめが濁ってしまうことです。後者については抗ガン剤が涙に出てくるために正常な角膜上皮細胞が障害されることによると考えられています。ひどい場合には視力も落ちてしまいますので、他の抗ガン剤に変更していただくか中止にするかを主治医の先生と眼科医とで協議するべきです。多くの場合には中止することで混濁は次第に改善します。涙目になってしまう理由ははっきりわかっていませんが、放置すると不可逆性となり、一生涙目になってしまいます。涙管が閉塞しそうになったらすぐにシリコンでできたチューブを入れることで予防できます。チューブ挿入は外来で比較的簡単にできますが、完全に閉塞してからですとチューブ挿入はできなくなってしまいます。そうなると新たに涙管を開ける手術をしなければならなくなり、難しくなります。その他にもまつ毛が抜けたり結膜炎になったりする場合もあるようです。TS-1を内服し出したら、定期的に眼科を受診して、人工涙液などを点眼することでこのような副作用が起きにくくできる可能性があります。ご相談者の場合もすぐに眼科受診するべきかと思います。

99.老視とは 201508

 43歳のサラリーマンです。以前から目だけは自信があって、何処もかしこもよく見えていました。私の体の中で唯一の自慢だったのですが、最近パソコンを見ているとすごく疲れて、しばらくすると見えなくなってきます。眼科を受診したところ、老眼と言われました。年だということでしょうが、老眼というのは本当のところどういう状態なのでしょうか。普段からメガネをかけたほうが良いのでしょうか。(43歳男性)

 老眼とは医学用語では老視と言います。老視はおっしゃる通り中年期以降に生じる目の変化の一つです。具体的には調節力の低下です。私たち人の目は、近視や遠視・乱視などの屈折異常の無い場合、正視と言って遠方は何の力も必要とせずによく見えます。これに対して、近くを見る時には水晶体という眼をカメラに例えた場合のレンズに相当する部分を厚くさせます。これを調節と呼びます。調節力をできるだけ使って眼に最も近くの物体を見る場合、最高に近くを見ることが出来るのは10歳位と言われています。つまり調節力は小学校高学年以降落ちる一方です。通常の読書をする距離おおよそ眼前30cmを見えなくなるのが40歳ごろです。この手元が見えなくなった時期を老視と診断をします。わかりにくいのは、屈折異常がある場合です。調節力の低下は、眼鏡などで屈折異常を矯正した状態の時の近くの見え方で測定します。近視があると眼鏡を外すと近くが見えますので、見かけ上は老視が無いように思いますが、そうではありません。老視は誰にでも起こる老化現象の一つですから、上手に対処しましょう。ご相談者の場合には、正しく眼科を受診されて診断されていますから、眼鏡については主治医の意見に従ってください。正視である場合には、普段から眼鏡をかける必要はありません。近業を行う場合にのみ使用すればよいです。もちろん、近くをみたり遠くを見たり、一瞬にして見るべき位置が頻繁に変わる場合には、累進屈折力レンズや二重焦点レンズといった、遠近両用レンズもご使用になると便利だと思います。このQ&A8「近視と老視」もご参考にしてください。